犬系彼氏の作り方

犬系彼氏が欲しいけれど、作り方が分からないという方は、多いのではないでしょうか。
現代では、非常に重宝されているタイプの男性の特徴ですから、ぶっちゃけて言えば、もの凄い人気なのです。
ここでは犬系彼氏の作り方について紹介していきましょう。

タイプを把握しよう

犬系彼氏と一言で言っても、大枠は一つでも、実は細かくカテゴライズされていることはご存知でしょうか。
彼らのタイプは同じ犬系でも4つのタイプにカテゴライズすることが出来るんです。

一つは、座敷犬の筆頭である小型犬タイプと呼ばれるもの。
そして、柴犬や秋田犬などの日本犬タイプ。
そして基本的には、庭などの犬小屋などで飼うようなレトリバーなどの大型犬タイプ。
そしてピットブルなどの格闘犬タイプに分けられるのです。

小型犬タイプ

小型犬タイプは、基本的には可愛い性格をしていて、寂しくて死んじゃいそうといったようなイメージを抱かせます。
基本的には、母性本能をガンガンと刺激してくれるようなタイプで可愛いものの、いざという時には、頼りがいがないのが難点です。

日本犬タイプ

とにかく相手に忠実であり、忠誠心があるタイプです。
一度好きになれば、もうあなたしか見えなくなり、超一途です。
常識を重んじ、曲がったことは大嫌い。
こういった部分が頑固と感じるのが難点です。

大型犬タイプ

頭が良く、その場の空気を読めるタイプです。
あまり会話が得意ではないものの、ここぞという時に核心をついた一言を言ってのけるタイプです。
一緒に楽しく共存していくというのが好きです。

格闘犬タイプ

ゴリゴリの体育会系。
とにかく上下関係はしっかりとしています。
見た目はごつかったり、ちょっと周囲を威嚇するような外見であるものの、中身は繊細であり、優しい心の持ち主です。
義理に厚く、いざという時は身を呈して守ってくれます。

一概に攻略法は難しいが

一概に攻略方法といっても、このような様々なタイプに分けられるので、それぞれに作り方のコツは違ってきます。
共通して言えるのは、基本的には構って欲しいということ。

しっかりと類似性を示し、一緒に行動が出来るかがキーポイントです。

関連記事